FC2ブログ

毒物

有毒物的専門店,请小心上瘾。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Synecdoche, New York

9
这是一部使人乏味但是又让人拔不出腿的后现代风抽象型电影。

Philip Seymour Hoffman所扮演的Caden Cotard乍看之下是个毫无魅力可言且乏味泛呕的糟老头,但其实虚伪的假面下,他却是个玩弄了3个美女于自己掌心之中的色情漫画的男主角。(我单纯在吐槽他)

在Caden Cotard一生中,绝望和精神分裂占了他生命中的一大部分时光。起码从影片开头到结束,所有的叙述手法皆是以色幽默的风格来讲述一个人绝望的一生。所谓的色幽默,它其实纯粹是个毛骨悚然的代名词。从这部片中我敢打赌你绝对找不到一丝希望女神的曙光,就算有,那也是一瞬即逝的光点。它的总走向漫长乏味且使人绝望。这部片虽然不会带给你一丝希望的光芒,但是观后者自己会由心产生一种自创情愫——绝望和希望的融合体所分裂出来的平衡感。它会使你一时看清这个世界,却不会让你永久的看清这个世界。

纽约城中城,其实就是个把人带入绝望与地狱的迷宫。
纽约剧中剧,其实就是个宣扬绝望与恐惧的马戏团。
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<我要天天吃盒饭了。 | ホーム | I'm a B>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。